肉、それは最強のダイエットフード!

今日は昼から大盛の肉を食べてダイエット頑張ってます!
最近糖質制限が広まってきたおかげで変わりつつありますが、今でも肉はダイエットに向いていないと思っている方多いのでは?
脂身の多い部位は確かに過剰だと脂肪増のリスクがありますが、赤身肉なら最強のダイエットフードですよ。唯一の欠点は「高価格」なことw

というわけで、なぜ肉を食べるとダイエットしやすいのかについて話していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

ダイエットの基本は高たんぱく

ダイエットする上でたんぱく質の摂取量というのは常に気をつけなくてはなりません。
なぜなら、これが不足した上でカロリーまで不足すると太りやすくなってしまうからです。

ダイエット中というのはどうしても低カロリーになりがち、たとえ記録をつけていたとしてもそれが100%正しいという保証はありません。摂ってたつもりが不足してたとかなってしまうと、体は自身の筋肉を分解する指示を出してしまいます。それが糖新生という働きです。

糖新生とは、体内の糖質が不足したときにアミノ酸から糖を作り出す働きです。
この際に体内にアミノ酸が不足していると、筋肉を分解してアミノ酸にして、そこから糖を作ります。
筋肉が分解されると体重だけ減って、体脂肪は減りません、その上体重が減ったからと安心して食べ始めると元の体重より増えるという悲しみのリバウンドが発生します・・・

赤木キャプテンに怒られないためにも、アホなリバウンドをせず、高たんぱくな食事で糖新生をスクリーンアウトしてやりましょう!

高たんぱくにしておけば、カロリーが減ってきても体内にアミノ酸が不足せず、摂取したアミノ酸から糖新生を行ってくれる為、筋肉の分解を抑えやすくすることが可能です。
なのでダイエット中は常にたんぱく質の補給と摂取量がキーになります。

腹持ちのいい理由

肉は腹持ちがいいとよく言われます。
実際食べてみても、当分の間お腹が減ることはないと思います。
自分も今日、昼に食べたおかげで、8時間経っても空腹感はありません。

なぜか?それは体内でゆっくりと消化吸収されていくからです。
一般的に肉は最低でも10時間くらいかけて消化吸収されていきます。
なので長時間にわたりエネルギーの元があり続けてくれるおかげで空腹になりにくいのです。
また、肉には糖質がほぼありませんのでインスリンによる血糖値の急変動がなく、空腹感を感じにくくなるのです。

そういう意味では、次の食事まで時間の空きやすく、間食を摂ってしまうリスクのある昼に肉を食べると無駄な間食をすることなく夜まで満足感を維持してくれます。

高たんぱく+長時間維持+高物理的満足度=最強

たんぱく質のコスパなら当然プロテインが最高なわけです。
たんぱく質含有率85%以上、低脂質、低糖質、3.5円/gという低価格
高たんぱくの生活にプロテインはかかせません。

ただ、プロテインでお腹はいっぱいになっても、食感や心は満たせません・・・

心と食感を満たすには固形物を食べるしかないです!
だからこその肉なのです!

ビーフです!

ポークです!

チキンです!

やはりお肉を食べると幸せな気持ちになりますよね、そして美味しい肉を食べながらダイエットできたら幸せの二乗じゃないですか。
みなさんも美味しく肉を食べながらダイエットしていきましょ~!

ただし、カロリーコントロールは必須ですよ!
いくら最強フードとは言え、食べ過ぎれば必ず太ります!

それでは良き肉ライフを!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする